江戸にトリップ

江戸っ子に学ぶ粋な暮らし  新設

講座コード:
201801-01991801

2017年11月20日 更新

講師名

江戸歴史研究家 伊藤 寿

内 容
講座写真1
講座写真2

 今の東京よりもはるかに人口密度の高かった江戸の町人地。それを可能にしたのは長屋暮らし。そこには現代の日本人から失われてしまったシンプルだが濃密な人間関係、豊かな感情生活が展開していました。情報はあふれているけど、本当に必要な情報に乏しい今の日常生活。そこから一時江戸にトリップし、さび付いた心をリフレッシュ。春夏秋冬を豊かに楽しめる心を取り戻しましょう。今回は、その基礎編。
【テーマ】
第1回 長屋「裏店の涼み大屋に追い込まれ」
第2回 火事「芝で生まれて神田で育ち、今じゃ火消の纏持」
第3回 湯屋「江戸拾遺書くなら湯屋の二階番」

日 時

第2週 土曜日 10:30~12:00

1/13、2/10、3/10

受講料

会員: 3か月 3回 8,424円(うち消費税額624円)

設備費

486円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。