雑誌の編集発行を中心として

小説の書き方 

講座コード:
201710-01133410

2017年8月11日 更新

講師名

作家 藤蔭 道子

内 容

 小説は日記、手紙、対話などの自由な形をとってもいいし内容も心に思うこと、見たこと、聞いたこと、喜び、怒り、驚きなど自由です。人物、事件、背景の三つの要素と描写、叙述、会話の三つの表現法をもっており、虚構を混じえることが特色です。現実生活からの体験に触発され自分の内面や生活を見直して文字にすることが<小説>になるのです。名作を読みながら書き方を考え、書いたものを発表していきます。

日 時

第1・3週 金曜日 13:00~15:00

10/6、10/20、11/3、11/17、12/1、12/15

受講料

会員: 3か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

972円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 2,862円(要予約)

ご案内

※必ずご見学をしてからご受講ください。
※コピー代実費必要
※よみカル体験なし

初回持参品

筆記用具、
※エッセイ・小説ほかをご持参下さい。題材、ページ数自由です。手書きでも大丈夫です。)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。