見る聴く笑うーー

平成らくご塾 

講座コード:
201707-08380610

2017年6月25日 更新

講師名

読売新聞東京本社企画委員 長井 好弘

内 容

 少年時代から落語に親しみ、寄席に通い続けて幾年月。今や立派な「落語(落伍?)記者」となった講師が、寄席やホールの楽屋や客席で集めた人気落語家の近況、古今の芸人の逸話、真偽不明の楽屋伝説など、面白落語情報をこっそり教えます。
 授業では、さまざまな角度から落語の楽しみ方を伝授。講師秘蔵の映像や音源を聞き、明治〜昭和期の落語速記を読むことで、懐かしい名人たちの高座に思いをはせます。時には外に出て、寄席見物や落語の舞台となった町のウォーキングにも挑戦します。
 「平成らくご塾」の門をたたき、「落語聴きの達人」を目指しましょう。

【テーマ】
柳家、桂、三遊亭ー名門の今
おすすめ若手の「芸と人」
落語DVDを聴き比べよう
課外体験「鈴本演芸場で早朝寄席を観る」
「円朝全集」(岩波書店版)を読む

日 時

第2・4週 日曜日 10:30~12:30

7/9→7/16へ振替(9F8番教室)、7/23、8/27、9/10、9/24

受講料

会員: 3か月 5回 13,500円(うち消費税額1,000円)

設備費

810円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料2,754円

ご案内

教材費/別。コピー代実費(体験時も同様)

※よみカル体験対象

初回持参品

当日ご用意いただくもの/筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。