日本刺しゅう(研究科) 

講座コード:
201807-13410731

2018年5月10日 更新

講師名

日本刺繍ぬいの会主宰 原 佳子

講師 高橋 八千代

内 容

 日本刺しゅうは飛鳥時代に始まった長い歴史と伝統を持つ技法で、絹糸の持つ優しさ、微妙な色彩の変化を生かしながら一針一針両手で刺していく繊細な刺しゅうです。基礎をしっかり身につけ、袱紗、半衿、帯、着物、インテリアにいたるまで、現在の生活との調和を求めて作品作りをしていきます。
 基礎科を修了した方が進むクラスです。
【原講師略歴】
1955年熊本県に生まれる。紅会初代斉藤磬氏、斉藤信作氏に師事。1984年より日本刺繍教室「ぬいの会」を高橋八千代氏と主宰する。読売カルチャー等で、古典の基礎から現代の生活にもとけ込む作品まで、幅広く指導しております。作品展9回開催
【高橋講師略歴】
1945年千葉県に生まれる。紅会斉藤磬氏、飛鳥会 飯塚敏雄氏に師事。1984年より日本刺繍教室「ぬいの会」を原佳子氏と主宰する。読売カルチャー等で、古典の基礎から現代の生活にもとけ込む作品まで、幅広く指導しております。作品展8回開催

日 時

第1・3・5週 水曜日 13:00~17:00

7/4、7/18、8/1、8/29、9/5、9/19

受講料

会員: 3か月 6回 28,512円(うち消費税額2,112円)

設備費

1,555円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

教材費 別

初回持参品

持ち物 糸切りはさみ、台(80cm×50cm)を包む風呂敷、わりばし、目打ち、筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。