櫻川流かっぽれ踊り 

講座コード:
201807-06830285

2018年5月10日 更新

講師名

監修 梅后流江戸芸かっぽれ家元 櫻川 千代助

梅后流師範 櫻川 后扇舟

内 容

美容と健康にはもちろん、踊って楽しく、見て美しい粋な踊りが江戸芸かっぽれ。どこでも手軽に踊ることができ、お座敷踊りの隠し芸としても人気です。この伝統芸を梅后流江戸芸かっぽれ道場(櫻川東齋家元)の派遣講師がていねいに指導します。
かっぽれは、明治19年に河竹黙阿弥が「初霞空住吉」を上演した際、九世団十郎が左団次と一緒に初めて披露しました。

日 時

毎週 木曜日 10:00~11:30

7/5、7/12、7/19、7/26、8/9、8/16、8/23、8/30、9/6、9/20

受講料

会員: 3か月 10回 25,920円(うち消費税額1,920円)

設備費

1,512円

テーマ

「伊勢音頭」「深川」「奴さん」「大津絵」「かっぽれ」

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

教材費 別 12,000円(タスキ、手ぬぐい、ステテコ、カセットテープ)

初回持参品

持ち物 動きやすい服装(ゆかたなど)、白足袋

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。