神崎流 地唄舞 

講座コード:
201804-06750283

2018年2月13日 更新

講師名

神崎流師範 日本舞踊協会会員 神崎 明子

内 容

神崎流は、上方で生まれた舞を初世より現四世家えんまでの約70年の間に、東京に地唄舞として根付かせてまいりました。能の影響を受けた動作のなかに品位と心の動きを大切にして、目の動き、足の運び、腰の位置、呼吸などに重点を置き指導しております。その結果、美しい立居振る舞いを身につけることができます。背筋を伸ばし、足腰を鍛え、落ち着きのある優雅な舞いを勉強してみませんか。

日 時

毎週 木曜日 15:30~17:30

4/5、4/12、4/19、4/26、5/10、5/17、5/24、5/31、6/7、6/14、6/21、6/28

受講料

会員: 3か月 12回 31,104円(うち消費税額2,304円)

設備費

1,814円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

初回持参品

持ち物 着物(ゆかた)、足袋(木綿)、扇子

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。