初歩から本格的に

日本画 

講座コード:
201807-03040011

2018年5月14日 更新

講師名

日本美術家連盟会員・横浜美術協会理事 品川 成明

内 容

 日本画の材料を創作の中で理解し、現代日本画の認識と見識をもてるように学びます。基本となる写生を花や果物、野菜などの写生から始めて、日本画制作へと進んでいきます。写生会、発表会等も経験しながら、ゆっくり丁寧に各自の個性に合わせて指導します。

日 時

第1・3・5週 水曜日 13:00~15:00

7/4、7/18、8/29、9/5、9/19

受講料

会員: 3か月 5回 14,040円(うち消費税額1,040円)

設備費

756円

テーマ

写生を基本として日本画制作へと進んでいきます。
各自の個性を大切にしながら、技法・描法を理解して自由に表現できるように指導します。
発表会を視野に入れて楽しく描きます。

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料2,959円

初回持参品

顔彩(12〜24色)または色鉛筆(36色程度)、スケッチブック(F6〜F8程度)、筆(平筆、水彩筆、面相筆小など)、パレット、鉛筆(HB)、当日描くモチーフ(花、果物、野菜など1つ)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。