雅楽入門・篳篥を奏でる 

講座コード:
201804-06490082

2018年5月21日 更新

講師名

三田徳明雅楽研究会主宰・雅楽瑞鳳会主席 三田 徳明

内 容

 千三百年の歴史を持つ世界最古の合奏音楽「雅楽」は、古代日本の歌舞やアジア諸国の楽舞が集大成された東洋の総合芸術です。平安期の貴族にとっては必須の教養でもありました。本講座では、豊饒な大地の音を象徴すると言われ、雅楽の主旋律を奏でる篳篥に焦点をあて、古典曲を吹くことを目標に据えて雅楽の魅力に迫ります。折にふれ、雅楽の基礎知識もお話しします。伝統装束を着て発表会(任意参加)も実施しています。

日 時

第2・4週 火曜日 19:00~20:30

4/10、4/24、5/8、5/29(※5/22分振替)、6/12、6/26

受講料

会員: 3か月 6回 19,440円(うち消費税額1,440円)

設備費

907円

テーマ

・雅楽とは
・篳篥の扱い方
・古典曲を吹こう
 楽譜について
 唱歌
 指遣い 
 呼吸法、ロングトーン、アクセントのつけ方ほか
 塩梅について 
 合奏のしかた

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

楽器のご紹介も致します。練習用プラスチック製4,500円+税、本管(煤竹製)籐巻90,000円+税、樺巻180,000円+税〜 
ご自分でリードを削れない方は講師が用意します。(リード3,000円+税)

初回持参品

篳篥(本体・リード)をお持ち下さい。 

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。