俳句のある午後 

講座コード:
201804-01030007

2018年5月14日 更新

講師名

句誌「季刊芙蓉」代表 照屋 眞理子

内 容

本当に感動したとき、言葉がみつからないという経験をしたことはありませんか。
それを言葉にして誰かに伝えたいとおもうことが詩の第一歩ですが、俳句は中でも一番短い詩です。
感動を俳句にするためには、出来事と自分自身をしっかり見つめ、言葉を探さなければなりませんが、その先には新鮮な世界が広がっています。
季語といくつかの約束事を知っていただく以外、道具もなにも要りません。
あなたの新しい世界へ道案内をいたします。



日 時

第1週 水曜日 13:00~15:00

4/4、5/2、6/6、7/4、8/29、9/5

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

777円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

初回持参品

筆記用具、句(できれば4句)、お持ちであれば歳時記

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。