1年コース(昭和新撰江戸札所)

江戸三十三観音めぐり(前半)  新設

講座コード:
201710-01350051

2017年11月17日 更新

講師名

国文学研究家 久行 美智

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

観音霊場を巡拝する「札所巡礼」は古くから行われ、江戸時代になると全国的にその信仰が広まり、「江戸札所」も元禄の初期には隆盛をきわめました。
その後衰退しましたが、「昭和新撰」として再興されました。
関東大震災・廃仏毀釈などで焼失した寺院もありますが、現在では番外も含めて、三十四か寺が札所として存在します。
御宝前では般若心経を誦し、御朱印をいただきます。
仏教美術に精通する講師の説明もあります。
2017年10月から1年コース(前12回)。2018年9月で結願。


日 時

第1週 木曜日 10:30~15:00

10/5、11/2、12/7、1/4、2/1、3/1

受講料

会員: 6か月 6回 18,144円(うち消費税額1,344円)

テーマ

○江戸三十三観音札所第一番の金龍山浅草寺から始まり順次巡ります。
○札所がまとまっている場合もありますので必ずしも順番通りではありません。
○御朱印帳は前もって一括購入しますので、御朱印をいただく方は受講手続き
 の際、有無をお知らせください。表紙先渡しとなります。御朱印紙郵送代
 (お寺への)は別料金になります。
○御朱印代は期(3か月)ごとの集金をさせていただきます。
○入山料は当日集金させていただきます。
○巡拝時の日傘はご遠慮ください。

保険料

600円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

※交通費、拝観料、御朱印帳、御朱印代は各自負担、弁当持参。
※現地集合、雨天決行。

初回持参品

念珠(必携)、筆記用具、雨具、御朱印帳(希望者)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。