真多呂人形 

講座コード:
201804-13236109

2018年5月9日 更新

講師名

真多呂人形学院教授 上条 真葵穂

内 容

 250年ほど前に京都・上賀茂神社の宮司が、柳の木でつくったのが始まりです。この正統技術に創意工夫を加えたのが、現代木目込人形、真多呂人形です。古典の美しさに加え、現代感覚にあふれ、愛らしく優雅です。人形づくりが初めての方も、無理なく楽しみながら、ボディーの形と衣装の色合わせができるように指導します。手の込んだ最高の技術まで、順次教えていきます。約 2 年で、教授の資格取得に挑戦することもできます。

日 時

第1・3週 金曜日 12:30~15:00

4/20、5/4、5/18、6/1、6/15、6/29、7/6、7/20、8/3、8/17、9/7、9/21

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

1,944円

テーマ

・御殿まり、おでかけ、お点前遊び、連獅子など…
基礎をしっかり勉強します。
少しずつ高度になりますが、型紙がついているので、無理なく自分のペースで進めることができます。
小さな立雛、五月人形はもう出来るでしょう。

・王朝三歌人(三体)、春桜立雛 など…
12単の衣装等、木目込の特殊技術「重ね」などの加え、舞姿の足の取りつけ等、高度な技術を学びます。
更に進みますと学院から教授の認定書を受ける事もできます。

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料2646円 教材費3,780円(教室支払)

ご案内

教材費/1作品3,000円〜4,000円程度(教室支払)
一日体験の作品は「おさな姫」。
※教材を発注するため、10日前までにお手続きが必要です。

初回持参品

おしぼり、小皿(のり入れ)、小さなハサミ

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。