浮世絵鑑賞でひも解く日本文化 

講座コード:
201804-03910005

2018年5月20日 更新

講師名

日本画家(奥村土牛門下)・元大学教授 荻原 延元

内 容

 講座では、日本文化を美術からひも解きます。近世・江戸時代に庶民の中で生まれ、様々な創作の工夫を施して大いに人気を得た浮世絵は、やがて近代西欧の文化に影響を与えていきました。ここでは画集やスライド等で十分に鑑賞して学びます。特に北斎、広重の名作を中心にして、江戸文化の魅力を浮世絵の鑑賞で楽しみます。
【講師からひと言】
美術を学ぶには「造る」と「鑑賞」の両輪があり、鑑賞が少し疎かになりがちです。どちらも好きになれば、さらに人生も楽しくなります。

日 時

第1週 土曜日 15:30~17:00

4/7、5/5、6/2、7/7、8/4、9/1

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

1,036円

教材費
浮世絵鑑賞教材
1,296円
テーマ

4月「名所江戸百景」江戸を愛した歌川広重の絵心
5月「東海道五十三次」旅ブームとその見どころ、諸国名所図会
6月「浮世絵の魅力Ⅰ」花鳥画、雪月花、美人画、役者絵、見立て
7月「浮世絵の魅力Ⅱ」子どもの登場、生活風俗、物語絵、戯画
8月「北斎の名作」富獄三十六景、北斎漫画、肉筆、北斎の遠近法
9月「浮世絵とジャポニズム」印象派、象徴派、フランス工芸美術

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。