基礎から始める日本画 

講座コード:
201804-03043005

2018年5月16日 更新

講師名

日本美術院院友 重里 香

内 容

絵を描くのに一番大切なのは感性です。感じる心が豊かであれば、技術は後からついて来るものだと思います。日本画は、岩絵の具という独特の材料を使って、麻紙の上に、1 色ずつ重ねていきます。その工程を楽しみながら、一人ひとりの個性を表現していきます。岩絵の具の基本的な使い方を学びながら、一緒に感性を磨き合いましょう。

日 時

第1・3週 日曜日 10:15~12:15

4/1、4/15、5/6、5/20、6/3、6/17、7/1、7/15、8/5、8/19、9/2、9/16

受講料

会員: 6か月 12回 29,808円(うち消費税額2,208円)

設備費

2,592円

テーマ

日本画及び画材の説明、鉛筆による写生
写生(彩色)水彩絵の具又は顔彩
小下図作り
地塗り&墨入れ
彩色
作品仕上げ
(作品の進み具合により2点制作可)(順不同)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

◆教材費/モチーフ代自費(教室支払)
(画材)岩絵の具、筆(彩色筆6号/隈取(中)/面相/平筆(中)/刷毛)、膠、みょうばん、青墨、麻紙ボード、水さじ、顔彩
※希望により一括購入いただけます。
(何も道具をお持ちでない場合は、35,000円前後になります。)

初回持参品

◆当日ご用意いただくもの/スケッチブック(F4号)、鉛筆(2B〜4B、2〜3本)、カッター、ねり消しゴム

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。