江戸時代の古文書を読む 

講座コード:
201804-01331010

2018年2月11日 更新

講師名

早稲田大学法学部講師 泉 正人

内 容

 江戸時代の古文書を読んでみましょう。一見すると難しくみえるくずし字も、一定の方式にそって書かれています。幅はありますが、その方式を覚えるのが、古文書を読む第一歩です。
古文書のコピーを輪読し、簡単な解説を加えていきます。
文字を読めるようになるのが、この講座の目的ですが、テキストの文書が作成される背景についても説明していきます。

日 時

第2・4週 火曜日 19:00~20:30

4/10、4/24、5/8、5/22、6/12、6/26

受講料

会員: 3か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

972円

教材費
コピー代泉教室
540円
途中受講

できます

見 学

できます 無料見学20分できます。

体 験

できます 体験料:2,862円 教材費:別

初回持参品

筆記用具、くずし字辞典(お持ちでない方は、初回説明します)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。