〜拓画で感じる身近な自然〜

拓画  新設

講座コード:
201704-03790018

2017年7月2日 更新

講師名

拓画・拓画印刷 久保田 絢子

内 容
講座写真1
講座写真2

 拓画とは・・実際の植物を拓にとり、水彩絵具で彩色を施す、版画と水彩画の良い面を併せたような、世界にひとつの芸術です。身近な植物を摺ることで、すぐそこにある思いの外豊かな自然を感じる拓画作品を制作します。

  

講師紹介:1980年東京に生まれる。建築学科在学中に拓画を習い始め、2004年1年間のドイツ留学から帰国語、拓画家である伯母の久保田南女氏に師事。2012年に拓画・拓画印刷を制作、紹介、販売する個人企業を「Osterstr.18」を立ち上げ現在は制作のかたわらイベントや学校、カルチャースクールなどで拓画を広める活動を行っている。

日 時

第3週 水曜日 10:00~12:30

4/19、5/17、6/21、7/19、8/30、9/20

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

907円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時募集しています。2,851円(教材費別途)

ご案内

道具一式8,000円位(専用墨汁、噴霧器、ローラー、板、ウレタン、絵具、筆など)

教材費:1,000円(版用の植物、用紙など)
 *作業に慣れ、お好きな植物や紙を持参するようになれば、教材費はほとんど掛からなくなります。

初回持参品

道具一式、エプロン、筆を拭くタオル *道具につきましては見学、体験の時に講師よりご説明させていただきます。

汚れても良い服装でお越し下さい。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。