【公園教室】〜夏休み、ジュニア陶芸教室〜

縄文土器を作ってみよう!  公開

講座コード:
201807-18169008

2018年5月18日 更新

講師名

陶芸家 遠藤 ますみ

内 容

 縄文時代は今から約1万6000年前から約2300年前とされる遠い昔。日本に暮らす当時の人々は初めて土器を作りはじめました。でも、どうしてその頃に土器が作られるようになったのでしょうか?それが人々の暮らしをどんな風に変えたのでしょうか?自分の手で粘土に触れて、縄文土器を作りながら、この夏休み当時の暮らしぶりを体験してみましょう。当日は知識や作り方をお話しながら土器の形成までを行います。作品は講師がお預かりし、乾燥させた後に焼成します。

日 時

8/8 水曜日

12:15~13:45

受講料

会員: 1回 2,376円(うち消費税額176円) 一般: 1回 2,376円(うち消費税額176円)

ご案内

教材費 1,200円(教室直接支払い) 別途配送料(着払い)
※小1〜中学3年まで(低学年は保護者付き添い、高学年以降は保護者と連絡が取れる状態にすること)
※お届けは、8月下旬を予定しています。

※お支払いは、コンビニ振込又は、八王子センター窓口のみ(事前入金)

公園教室所在地
〒190-0014立川市緑町3173国営昭和記念公園花みどり文化センター内

初回持参品

汚れてもよい服装、エプロン

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。