〜「鬼」・「天狗」・「河童」は何処から〜

妖怪の物語と「もののけ」【今期は開講しません】 

講座コード:
201804-01510100

2018年4月8日 更新

講師名

作家 林 巧

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

毎回、昔話や文章や絵に書かれた妖怪の物語を味わい、生まれた背景を楽しく学びます。講座の1期に1度は教室から出て、もののけとゆかりの地を訪ねます。

日 時

第2週 土曜日 13:00~14:30

4/14、5/12、6/9

受講料

会員: 3か月 3回 8,424円(うち消費税額624円)

設備費

259円

教材費
教材(200)
648円
テーマ

●4/14 八王子の「夜行さん」
八王子の高月城に端を発する「夜行さん」の昔話を読みます。真夜中にもののけが街中を通ってゆく“夜行伝説”についてまなびます。
●5/12 小泉八雲の「ろくろ首」
小泉八雲が書いた短編の名作「ろくろ首」を読みます。今のイメージとは違うろくろ首がて学びます。
●6/9(野外講座)「ゲゲゲの鬼太郎」が生まれた街・調布
漫画家の水木しげるさんが仕事場を持ち、「ゲゲゲの鬼太郎」が生み出された調布を訪ね、ゆかりの地を散策します。

保険料

100円

途中受講

できます 2回目まで

見 学

できます 教室講座日のみ可(4/14・5/12)

体 験

できます 教室講座日のみ可(4/14・5/12) 3,153円

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。