〜著者と歩く東京・江戸の橋にまつわる物語

江戸・東京橋ものがたり  野外

講座コード:
201710-08890040

2017年8月10日 更新

講師名

文筆業・編集者江戸文化研究科 酒井 茂之

内 容

橋は通路ですが、こちら側の世界から、向こう側にある異界へ渡る架け橋と見ることもできます。水の流れを跨いでいるために、橋の姿は周囲の景色と相まって景勝を生みだしてきました。橋は何故か人を立ち止まらせ、また渡ってみたくなる気持ちにさせてくれます。そして、歌や詩が生まれ、絵筆を走らせる気持ちさえ湧き立たせてくれます。この講座では、江戸市中に架橋されていた橋を訪ね、架けられたいきさつや、橋の名称のいわれなどを探りながら歩きます。

日 時

第2週 木曜日 10:30~12:30

10/12、11/9、12/14、1/11、2/8、3/8

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

教材費
材料費(200)
1,296円
テーマ

10/12 神田川中流域の橋を巡る(江戸川橋〜面影橋・文京区・新宿区)
11/09 隅田川下流の橋を巡る(勝鬨橋〜永代橋〜隅田川大橋・中央区)
12/14 古川下流の橋を巡る(四の橋〜中之橋〜金杉橋・港区)
01/11 内濠の橋を巡る(桜田門〜二重橋〜和田倉橋〜清水門橋・千代田区)
02/08 神田川下流の橋を巡る(柳橋〜和泉橋〜昌平橋・中央区、千代田区)
03/08 隅田川中流域の橋を巡る(駒形橋〜廐橋〜御蔵橋跡・台東区、墨田区)

保険料

600円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

教材・・・学びやぶっく大人の教科書シリーズ「江戸・東京橋ものがたり」(希望者のみ)

交通費、入館料は各自負担

初回持参品

筆記用具、雨具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。