広重の『名所江戸百景』錦絵散歩  野外

講座コード:
201710-08890030

2017年8月10日 更新

講師名

文筆業・編集者・江戸文化研究科 酒井 茂之

内 容

浮世絵師として名高い歌川(安藤)広重は、晩年の安政3年から同5年の間に「名所江戸百景」を描きました。作品は全部で119点あります。広重の錦絵の特徴は大胆な構図にあります。当時、見ることができなかったはずの高所から俯瞰した構図の絵や、また人物の一部分を描くことで、その場の雰囲気を醸し出すような工夫もされています。この講座では、広重が描いた現場を訪ね、現在の風景との違いを対比し、かつ絵に何が描き込まれているのかに触れながら歩きます。

日 時

第4週 水曜日 10:30~12:30

10/25、11/22、12/27、1/24、2/28、3/28

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

教材費
材料費(200)
1,296円
テーマ

10/25 東日本橋、大伝馬町(中央区)などの錦絵散歩
11/22 高輪から古川、大門周辺(港区)の錦絵散歩
12/27 佃島、築地、芝浦(中央区)の錦絵散歩
01/24 両国、みつまた、鎧の渡し(中央区)の錦絵散歩
02/28 関口、関口芭蕉庵、俤の橋(文京区、新宿区)の錦絵散歩
03/28 千駄木から日暮里の(文京区、台東区)の錦絵散歩

保険料

600円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

教材・・・学びやぶっく大人の教科書シリーズ
『江戸錦絵散歩』(希望者)

交通費、入館料は各自負担

初回持参品

筆記用具、雨具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。