英語の裏ワザ【ワンポイントレッスン】~34~

 よくある間違えやすい英語をわかりやすく説明します。

 

明日雨が降ったら、出かけません。

⇒ If it will rain tomorrow, I would not go out.×

 

仮定法の文章はさまざまなものがあります。

第一のポイントは、その条件は本当にあり得るかどうかということです。

明日雨が降る可能性はあるので、「あり得る条件」として考えます。

条件の部分の動詞を現在形にして、その後に続く部分を未来形(主に“will”)にします。

上の文の条件の動詞は “rain” です。

主語は“it” なので、現在形の三人称単数形の “s” を忘れないでください。

 “If it rains ...” になります。

条件の後に続く動詞は “go out” になります。

否定の未来形にすると、 “I will not go out” になります。複雑な文法は必要なく、現在形と未来形だけでよいです。

 

⇒If it rains tomorrow, I will not go out.  

 

 Picture:  If it is sunny I will go to the beach.

urawaza201505.jpg