英語の裏ワザ【ワンポイントレッスン】~3~

ダミアンのOne Point Travel English Lesson ~3~

 

海外旅行の前に、日本の銀行でお金を両替する人が多いと思います。事前に両替した方が安心ですね。実は利点がもう一つあります。

 

慣れない通貨での買い物はかなりの苦労が伴います。わからない紙幣や硬貨の中から、ぴったりの金額を渡すのは時間もかかります。店員のイライラの種にもなりかねません。旅行前に外国のお金で買い物の練習をすると良いですね。

 

Practice shopping with foreign money before you go on holiday!

 

現地で両替をする方が良い場合もあります。

海外の銀行や空港にある両替店の為替レート(exchange rate) が日本の金融機関よりも良いことがあります。そして手数料(commission)が低い場合も。

 

現地で両替することは、ある意味では良心的とも言えます。特に途上国にとっては、両替が外国通貨の収入源になります。現地で両替することを一つの国際的な援助として考えても良いのでは、とも思います。

 

もちろん、用意していたお金が足りない場合もありますね! (run out of money!) 現地で両替する場合、次のことを覚えておくと良いでしょう。

 

まず、「両替する」の動詞は“exchange” ではなく “change” と言います。 

 

I’d like to change 20,000 Japanese yen into dollars.

(2万円をドルに替えたいです)

 

両替する際、ある程度金額の小さい紙幣(notes, bills)や硬貨 (coins) を頼むこと。チップにも便利だし、国によっては大きな紙幣で小額のものが買えない場合も結構あります。

例えば、イギリスで1ポンド未満のお菓子を50ポンド札で払おうとすれば、断られるでしょう。「もっと小さいお札はないの?」 Don’t you have anything smaller? と言われるかもしれません。

 

Could I have some (20 dollars) in small denomination bills?

(ある程度(20ドル分)を小さい紙幣でお願いできますか?)

 

お金をちゃんとしまい、スリに注意して、旅を楽しんでください。 

 

2011_1021_083903-DSC03506.JPG