端唄・俗曲・三味線(唄と三味線)    

講座コード:
201804-06090002

2018年4月30日 更新

講師名

端唄根岸・家元 根岸 悦子

内 容

端唄・俗曲をご存知ですか?
江戸末期から明治にかけて、一般庶民に愛唱され、日本人のやさしい心根と美しい風土を歌ったものです。春雨、木遣りくずし等、数多くの曲があります。
三味線は譜面でお稽古、一曲の長さも3分ぐらい、どなたにも楽しくお稽古していただけます。椅子での稽古となります。

日 時

第1・3週 水曜日 18:30~20:00

4/4、4/18、5/2、5/16、6/6、6/20、7/4、7/18、8/1、8/15、9/5、9/19

受講料

会員: 6か月 12回 41,472円(うち消費税額3,072円)

設備費

1,944円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 3,618円(要予約)

ご案内

教材費別:テキスト代3,780円

初回持参品

持ち物:バチ、ひざゴム、指かけ、三味線

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。