篆刻(てんこく)

てん刻 

講座コード:
201804-04710080

2018年4月30日 更新

講師名

読売書法会理事 伊東 龍州

内 容

篆刻(てんこく)は鉄筆(印刀)で石に書を作る「印」の芸術です。その印の刻し方を、初心者を対象に初歩から指導します。基本的な印から、さらに展覧会出品の印の制作まで進むことができます。書は「筆と紙」、篆刻は「刀と石」との違いですから、書や印に興味のある方ならだれでも楽しむことができます。継続受講の方にはさらにレベルを高めて指導します。

日 時

第1・3週 土曜日 15:30~17:00

4/7、4/28、5/19、6/2、6/16、7/7、7/14、8/4、8/18、9/1、9/15

受講料

会員: 6か月 11回 32,076円(うち消費税額2,376円)

設備費

1,782円

途中受講

できます

見 学

できます 20分間無料

体 験

できません

ご案内

初心者用セット約12,000円

初回持参品

ご用意いただくもの 印刀、印床、印材、印矩、印泥、朱墨、小硯、小筆、ブラシ、乾布、半紙、鏡、紙やすり、墨

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。