仏を描く 

講座コード:
201804-03490050

2018年5月15日 更新

講師名

日本画家(仏画家) 染川 英輔

内 容

仏の姿は即物の心であり、仏の教えです。仏画を描くことは、その深い教えに触れることになります。
この講座では、初めて仏画を描く人のために、その基礎となる線描画から彩色画へと指導を行います。
講師は東京芸術大学日本画科、同大学院卒。仏教美術の研究家として知られ、曼陀羅の制作を手がけ、その成果は、「彩色金剛界曼陀羅」「彩色胎蔵曼陀羅」「曼陀羅図典」(共に大法輪閣刊)として出版されています。

日 時

第4週 水曜日 10:30~12:30

4/25、5/23、6/27、7/25、8/22、9/26

受講料

会員: 6か月 6回 22,680円(うち消費税額1,680円)

設備費

972円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

教材費:別(手本6,000円、他に筆、紙、絵の具など必要)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。