日本画・琳派大和絵塾と水彩  満員

講座コード:
201804-03040002

2018年2月17日 更新

講師名

日本画家・美術家 西野 正望

内 容

 日本画を描くうえで必要な写生から入り、構図を考える下図の作り方、本画へと進めていきます。日本画技法による様々な表現、画面構成などの制作の基礎を楽しく学びます。上級者は個性を尊重し、より高度な表現に挑戦して想像力を育んでいきます。
『琳派大和絵塾』
日本美術の核でもある琳派や大和絵を学び、王朝美術の雅に触れ楽しく絵を描いていきます。光琳のカキツバタ図から始め、宗達画や酒井抱一の夏秋草図の写しを通しながら日本画材(和紙、金箔、墨、岩絵具、膠など)の扱い方をカリキュラムを順番にこなすことで学んでいけるようなオリジナルカリキュラムがあります。他では学べない研究の成果『水彩』すべての基礎になるスケッチ写生を水彩、顔彩でモチーフを描いていきます。

日 時

第2・4週 土曜日 10:30~12:30

4/14、4/28、5/12、5/26、6/9、6/23

受講料

会員: 3か月 6回 19,440円(うち消費税額1,440円)

設備費

972円

教材費
教材費200
1,296円
途中受講

できます

見 学

できます 無料見学20分出来ます。

体 験

できます 要予約 体験料3,402円

ご案内

教材費:モチーフ代

初回持参品

当日のお持ち物:スケッチブックF6、鉛筆(ハイユニ2H、HB、2B、4B)、練り消しゴム、カッター

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

この講座は定員に達しました。

キャンセル待ちを予約をする