着物の目利き術  新設

講座コード:
201710-08670030

2017年11月19日 更新

講師名

有志勉強会「着楽舎」代表 中川 時次

内 容

着物や帯の商品価値を自分で判断する力=「目利きのコツ」を学ぶ全6回コースです。
判断を価格だけに頼るのではなく、染織技術・素材・デザイン・希少性など様々な付加価値要素も加味しながら「適正な商品価値」を自力で判断できるように、現職の高級呉服卸だから伝えられるリアルな感覚で深堀り解説します。
目利き力を養う上で「良い作品に触れる経験の積み重ね」はとても重要です。そこで本講座では、教材に実際の商品である高級反物や帯地を積極的に用います。毎回様々な染織作品を直に見られる点も楽しみにご参加頂ければと思います。

■講師プロフィール
高級呉服卸業者として約45年間培ってきた感性と経験を、余すことなく講座でお伝えします。2009年から地元・自由が丘で有志勉強会をスタートしてから早8年目。「良いものを見て・触れて・感じる経験の積み重ねが鋭い感性を磨いていく」という考えから、講座には、実際の商品である高級反物を教材として積極的に用います。

日 時

第2週 火曜日 13:30~15:00

10/10、11/14、12/12、1/9、2/13、3/13

受講料

会員: 6か月 6回 18,144円(うち消費税額1,344円)

設備費

972円

教材費
教材費500
3,240円
テーマ

第1回 西陣帯の目利きポイントを学ぶ①(錦織、唐織、綴織)
第2回 三大友禅の違いを把握し目利きポイントを学ぶ(京友禅、加賀友禅、江戸友禅)
第3回 着物に用いられる代表的な生地の特徴を学ぶ(縮緬、綸子、御召、絽、紗など)
第4回 三大紬の特徴を把握し目利きポイントを学ぶ(大島紬、牛首紬、結城紬)
第5回 西陣帯の目利きポイントを学ぶ②(引箔帯、佐賀錦)
第6回 逸品を間近で観察する(藍染、花織、黄八丈など当日のお楽しみ)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料3,726円

初回持参品

筆記用具(ボールペンは不可(教材への汚れ防止のため))、カメラ(任意)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。