展覧会へ行くのが楽しくなる

やさしい西洋美術史 上級編 

講座コード:
201704-01570007

2017年5月11日 更新

講師名

美術史家・ロンドン大学コートールド美術研究所博士(美術史) 須沢 友香子

内 容

西洋美術史を学ぶ目的の一つは、自分の力で「美術を読む」ことが出来る様になることです。そのためには、芸術家たちが我々になにを伝えようとしているのか読み取る知識が必要となります。本講座では、西洋美術の歴史に様々な影響を与えてきたキリスト教美術を取り上げます。キリスト教美術は、宗教的メッセージを観る者へ伝えるために、イメージを用いてきました。これらのイメージを美術史では「図像」と言います。この図像の知識こそが「西洋美術を読む」ための鍵の一つとなります。今期は、入門編と中級編の復習をしながら、キリスト教の図像の生まれた背景やその意味を初期キリスト教美術からルネサンス美術の傑作を通して楽しく学びます。

日 時

第1週 木曜日 13:00~14:30

4/6、6/1、7/6、8/3、9/7

受講料

会員: 6か月 5回 15,120円(うち消費税額1,120円)

設備費

810円

教材費
教材費(40)
216円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。