入会金不要 公開講座

講座のイベントの様子

 よみうりカルチャーの雰囲気を味わっていただくためにぜひお勧めしたいのが公開講座です。入会金は不要で、会員に限らずどなたでも受講できます。各界で活躍する著名人の講演会や季節ごとのイベントを楽しむ講座、野外散策講座などカルチャーの魅力を満喫できる講座を多数ご用意しております。

 歌舞伎やミュージカルの出演者のアフタートークがセットになった「観劇入門講座」や、親子で楽しめる講座、夏休みジュニア向け講座なども充実しています。

 お気軽にご参加ください。

【講座】 7/30顔ヨガ講師 ・間々田佳子の「みんなの顔ヨガ」でマイナス10歳

音楽に合わせて楽しく顔や手の指を動かすだけで、顔も脳も若返る"世界初のメソッド"を

顔ヨガ講師・間々田佳子さんが紹介します。

「目を大きく」「小顔」「たるみ上げ」など若返り効果のある顔ヨガで印象もアップします。

シワ取りや笑顔が美しくなるテクニックも学びます。

顔を動かすのが楽しくなるカンタン魔法の「みんなの顔体操」を身につけましょう。

 
 ◆ 講 師/顔ヨガ講師 間々田 佳子
 
 ◆ 日 時/7月30日(土) 13:00 ~ 14:30
 
 ◆ 会 場/恵比寿センター
 
 ◆ 受講料/一般4,320円 会員3,996円
 

《お問い合せ・お申し込み》
よみうりカルチャー恵比寿(048-824-5711)

よみうりカルチャー川崎(044-221-5590)

よみうりカルチャー大森(03-5471-6311)

よみうりカルチャー自由が丘(03-3723-7100)

【講座】7/9 夏の妖怪談議 第5弾 「大陸からやってきた妖怪たち」

古くから伝承されている妖怪たち。その大半はアジア大陸からやってきたものだった。
時代の移り変わりの中で、妖怪たちは、日本でどのような変化をとげ文化として根づいてきたのだろうか。
時代をさかのぼり、日本の妖怪文化のルーツをたどります。


 
 ◆ 講 師/妖怪研究家 多田 克己/小説家 京極 夏彦/作家 林巧
 
 ◆ 日 時/7月9日(土) 14:00 開演
 
 ◆ 会 場/星陵会館(東京・永田町)
 
 ◆ 受講料/会員2,916円 一般3,240円 (全席自由)
 
《お問い合せ・お申し込み》
事業担当(03-3642-4301)

インターネットからのお申し込みは お申し込みフォーム からどうぞ

【共催:台湾文化部】「台湾の文化を学ぶ」(受講料無料・要予約)

~聞いて作って食べて楽しむ台湾の食~

ウィニーの台湾キッチンへようこそ

料理研究家 後藤 ウィニー


テレビでも活躍するおなじみウィニー先生が、本場台湾の味を家庭でも気軽においしく作れるコツをお教えします。
講座では、台湾の食文化についてのお話も盛りだくさんで、食の都・台湾の魅力をおいしく、楽しくご紹介します。


7/3()10:30~13:00

【材料費】 1,200円

【メニュー】

浅漬けキャベツと厚揚げの甘酢炒め、えびの香り揚げ、カリカリじゃがご飯、馬来糕(中華蒸しケーキ)を作ります。


【会場・申し込み】 自由が丘センター(03-3723-7100)

台湾近代美術

知られざるその生誕の物語

台湾美術研究家 森 美根子


台湾に初めて西洋画を教えたのは日本の水彩画家・石川欽一郎。台湾の自然や風土に魅せられた日本の画家たちは台湾近代美術の発展に尽くしました。
日本統治時代の貴重な写真と作品を通して50年の歩みを辿るとともに日台の画家たちの交流秘話をご紹介します。


7/23()14:00~15:30


【会場・申し込み】荻窪センター(03-3392-8891)

今、台湾が面白い

~映画・音楽・ドラマから伝わる熱い波~

台湾映画コーディネーター 江口 洋子


ここ数年の台湾ブームで台湾映画の公開が増え、台湾人アーティストの来日コンサートや日本デビューなどエンタメの分野でも日台の交流が盛んになっています。
今回は、最新の台湾エンタメ情報や取材のうら話などを、台湾映画コーディネーターの江口洋子さんがお話します。


8/13()13:00~14:30


【会場・申し込み】 恵比寿センター(03-3473-5005)

台湾文学の魅力

横浜国立大学大学院

都市イノベーション研究院教授 白水 紀子


台湾文学界の新星、甘耀明の作品を通して台湾文学の魅力を紹介します。昨年7月に翻訳出版された短編集『神秘列車』はストーリーテラーとしての甘耀明の魅力がいっぱいつまった作品です。そこに綴られる家族の物語を味わいながら、郷土に生きる台湾の人々の歴史や文化にも触れたいと思います。


8/20()13:00~14:30


【会場・申し込み】 横浜センター(045-465-2010)

台湾と日本の絆を紡いできた

台湾のボランティア精神

一般財団法人 三和徳育会理事長 松村 勲


日本が台湾に対して感じるノスタルジックな親近感、台湾が日本に対して抱いている憧れ。近隣との相互扶助精神に富み、ボランティア活動が盛んな台湾。台湾発、世界へ広がるボランティア活動を紹介します。


9/3()13:00~14:30


【会場・申し込み】 川崎センター(044-221-5590)

鉄道史から見る台湾の今むかし

作家 小牟田 哲彦


戦前、日本統治下で鉄道網が拡大した台湾では、日本式の列車や鉄道文化が多くの人に親しまれました。その影響は、日本の新幹線方式を採用した高速鉄道が走る現代にも及んでいます。
戦前、戦後の旅行ガイドブックや鉄道写真を通して、日本人にもなじみが深い台湾の鉄道旅行史に触れてみましょう。


9/4()15:00~16:30


【会場・申し込み】 荻窪センター(03-3392-8891)


【共催】台湾文化部 台北駐日經濟文化代表処台湾文化センター

【講座】9/4 なでしこの踊り・晩夏~新橋花柳界の歴史とお座敷遊び体験

江戸末期から始まった新橋花柳界の歴史を学び、新橋の若手芸者衆による踊りの鑑賞とお座敷遊びの体験――文化を遊ぶひとときをお楽しみください。
老舗料亭「金田中」の伝承を受け継いだ演舞場の会席料理をご堪能いただきながら、ぜひこの機会に美しい日本の文化の学びと遊びに触れてみませんか。
本講座に限り会場内での写真撮影可。

 
 ◆ 日 時/9月4日(日) 12:00 開演(11:30 開場)
 
 ◆ 会 場/新橋演舞場・地下食堂「東」(東京・東銀座)
 
 ◆ 受講料/一般、会員ともに 9,800円(会席弁当代含む)
 
 
《お問い合せ・お申し込み》
事業担当(03-3642-4301)

【講座】8/11 「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョン事前解説レクチャー付き観劇

2014年の宝塚歌劇100周年で制作された「シカゴ」OGバージョンのワールドツアー東京公演。
開演前に映画・演劇評論家の萩尾瞳さんによるレクチャーを開催。
出演は峰さを理、和央ようか、大和悠河、杜けあきほか(8月11日キャスト)。

 
 ◆ 日 時/8月11日(木・祝) 12:00 開演(11:00~レクチャー)
 
 ◆ 会 場/東京国際フォーラム・ホールC(東京・丸の内)
 
 ◆ 受講料/一般 14,000円、会員 13,500円(S等席代含む。1階席・中通路以内の席確約)
 
 
《お問い合せ・お申し込み》
事業担当(03-3642-4301)

【講座】7/30 シネマ歌舞伎「連獅子/らくだ」上映&波乃久里子トークショー

創刊100年を迎えた「婦人公論」が記念イベントを開催します。
十八世中村勘三郎さん出演のシネマ歌舞伎の上映と、勘三郎さんの姉で女優の波乃久里子さんによる「婦人公論」のアーカイブを交えた秘話満載のトークショー。
上映作は、息子の勘九郎さん、七之助さんとともに踊った迫力の舞台を山田洋次監督が映画化した「連獅子」、そして坂東三津五郎さんとコンビで観客を笑いの渦に巻き込む「らくだ」の二本です。
トークショーの聞き手は、元NHKアナウンサーの葛西聖司さん。

 
 ◆ 日 時/7月30日(土) 11:00~14:00
 
 ◆ 会 場/東劇(東京・東銀座)
 
 ◆ 受講料/一般、会員ともに3,000円(チケット代含む、座席指定券当日引き換え)
 
 ◆ 聞き手/葛西 聖司
 
《お問い合せ・お申し込み》
事業担当(03-3642-4301)

【講座】7/16 歌舞伎座「七月花形歌舞伎」事前解説レクチャー付き観劇

観劇前にイヤホンガイド解説員による見どころの解説、歌舞伎のこぼれ話など...
歌舞伎をより一層お楽しみいただくためのレクチャーを開催します。
出演は、市川猿之助、市川海老蔵、市川中車ほか。

※この講座は満員となりました。(キャンセル待ちにて承ります)

 
 ◆ 日 時/7月16日(土) 11:00 開演(10:00~レクチャー)
 
 ◆ 会 場/歌舞伎座(東京・東銀座)
 
 ◆ 演 目/「柳影澤蛍火」「流星~市川猿之助宙乗り相勤め申し候」
 
 ◆ 受講料/一般、会員ともに20,000円(1等席代、弁当代含む)
 
《お問い合せ・お申し込み》
事業担当(03-3642-4301)

【講座】7/6 国立劇場「歌舞伎鑑賞教室」バックステージツアー付き観劇

初めての方でもわかりやすい歌舞伎の解説と、親しみやすい演目を上演する「歌舞伎鑑賞教室」。
終演後は舞台裏を見学するバックステージツアーがお楽しみいただけます。
出演は、中村魁春、坂東彌十郎ほか。

※この講座は満員となりました。(キャンセル待ちにて承ります)

 
 ◆ 日 時/7月6日(水) 14:30 開演(終了後バックステージツアー)
 
 ◆ 会 場/国立劇場(東京・三宅坂)
 
 ◆ 演 目/「解説 歌舞伎のみかた」「卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」
 
 ◆ 受講料/一般、会員ともに4,500円(1等席代含む)
 
《お問い合せ・お申し込み》
事業担当(03-3642-4301)

【特別講演会】 6/22金子兜太96歳 「俳句人生、そして兜太節」

前衛俳句の旗手として俳壇をリードし、文化功労者でもある金子さん。
96歳になり、34年間続けてきたよみうりカルチャーの俳句講座を3月で終了しました。
毎回笑いが絶えなかった「兜太節」。79年にわたる俳句人生を語り、投句の中から講評もしていただきます。

 
 ◆ 講 師/俳人・現代俳句協会名誉会長・「海程」代表 金子 兜太
 
 ◆ 日 時/6月22日(水) 13:30 ~ 15:00
 
 ◆ 会 場/浦和ロイヤルパインズホテル4階(ロイヤルプリンセスA)
 
 ◆ 受講料/一般3,240円 会員2,916円
 
《お問い合せ・お申し込み》
よみうりカルチャー浦和(048-824-5711)

【講座】 信楽焼「美しく軽い陶ビーズアクセサリー作り」(全3回)

タヌキの置物で有名な信楽焼。その滋賀県・信楽で陶房「準」を主宰する葛原準子さんは、青や緑、赤にオレンジといった色に変色する釉薬の美しさに魅せられ、陶器は重いという概念を覆すために土の専門家と研究を重ねてきた、タヌキでもない器でもない信楽焼の美しく軽い陶ビーズでネックレスを作ります。 美しく発色する陶ビーズに天然石やこだわりのパーツなどを組み合わせることで、お洒落な信楽焼のオリジナルアクセサリーとなります。


共催:滋賀県

 
 ◆ 講 師/陶房「準」主催、信楽焼 陶人形作家 葛原 準子
 
 ◆ 日 時/6月25日(土)、7月16日(土)、7月30日(土)いずれも 13:00 ~ 14:30
 
 ◆ 会 場/よみうりカルチャー荻窪(荻窪駅ビル「ルミネ」6階)
 
 ◆ 受講料/3回4,860円
 
 ◆ 教材費/1,944円(天然石やチェーン、リボン代は別途)
 
《お問い合せ・お申し込み》
よみうりカルチャー荻窪(03-3392-8891)