[講座]「西洋美術の歴史」講座<4回シリーズ>(大手町)

 「見るだけではない 読む愉しみ」――まったく新しい美術の本「西洋美術の歴史」(全8巻)が中央公論新社から出版されました。ビザンチン、ルネサンス、バロック、19世紀美術。興味深い時代を担当した執筆陣から、愉しい解説を聞く特別な講座を開催します。

 

受講料 各2,700円(税込)| 4回一括申し込みは 9,720円(税込)

4回一括のお申し込み(外部サイト)

 

 

■「イタリア・ルネサンスの君主と美術」

講師 九州大学准教授 京谷 啓徳 氏

 

6月12日(月) 18:30~20:00

 

 ルネサンス期のイタリア半島では、大国の狭間に小君国家が存在しました。それら小さな国々は、君主たちが構えた宮廷における文化芸術によって国際的な名声を馳せました。この講座では、フェッラーラのエステ家の宮廷、マントヴァのゴンザーガ家の宮廷、ウルビーノのフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの宮廷において美術が果たした役割について紹介します。

Webからお申し込み(外部サイト)

 

■「バロックからロココへーカラヴァッジョ、レンブラント、プッサン、ヴァトーを中心に」

講師 元青山学院女子短期大学教授 大野 芳材 氏

 

6月15日(木) 18:30~20:00

 

 ヨーロッパ美術は17世紀に二つの点で、大きな変化が起こりました。一つは劇的で壮麗なバロック美術がイタリアで始まり、他の地域に広まったこと、もう一つはフランスがヨーロッパ美術の中心となる地位を築いたことです。フランスで生まれた繊細華麗なロココ美術は、18世紀の各地に強い影響を与えました。この流れと背景を代表的な画家を通して考えます。

Webからお申し込み(外部サイト)

 

■「ビザンティン美術ー哀しみの美術」

講師 早稲田大学教授 益田 朋幸 氏

 

6月22日(木) 18:30~20:00

 

 4世紀から15世紀まで、千年以上続いたビザンティン帝国の美術はロマネスクやゴシックなど西欧の中世美術に大きな影響を与えました。とりわけ我が子イエスの死に際して、嘆き悲しむ母マリアの表現は、イタリアに伝わり、ルネサンス美術を準備する原動力のひとつとなりました。イエスが幼い日より、母には将来の宿命が告げられていたのです。

Webからお申し込み(外部サイト)

 

■「19世紀美術の多様なる広がり」

講師 東京大学教授 三浦 篤 氏

 

6月29日(木) 18:30~20:00

 

 19世紀の西洋美術は伝統と近代が混在し、葛藤を起こす状況の中で生まれました。多様なジャンルが花開き、特にロマン派から印象派へ向かう革新的な作品に注目が集まりますが、アカデミズムも存在しましたし、ヨーロッパ各国の特徴ある絵画など多彩な潮流が見られます。19世紀美術の実態を歴史的、社会的な背景に目配りしながら、包括的に捉えなおします。

Webからお申し込み(外部サイト)

 

《お問い合せ・お申し込み》 よみうり大手町スクール事務局(03-3642-4301)