[講座]知っておきたい目の病気~緑内障・白内障~(荻窪・大宮・八王子)

井上眼科病院院長の井上賢治先生が語る

 

 「眼の総合病院」である井上眼科病院。東京・お茶ノ水のほか西葛西、埼玉(大宮)に4つの診療拠点があり一般外来のほかに各種専門外来を備え、グループ全体の外来数は1日約1500人。

手術件数は年間約1万1000症例を超えています。

  

 よみうりカルチャーでは、井上眼科病院院長の井上賢治先生を講師に迎え、大切な目を守るために目の病気に関する知識と予防法などをわかりやすく解説します。ただし知識を身につけ、目の健康を守りための公開講座を開催します。

[講師]

井上眼科病院 院長 井上 賢治先生

[受講料]

いずれの講座も2,160円(設備維持費別途)

 

■緑内障について

 緑内障は、我が国における失明原因の第1位を占めていますが、初期には自覚症状がありません。初期に見つけるのが難しいのが現状です。しかし、調査によると40歳以上の20人に1人が緑内障でした。見え方がおかしいと気づいた時には、かなり進行してしまっている場合も少なくありません。本講座では、緑内障の予防法や治療法について、またセルフチェックや定期検診の大切さについてお話しします。

7月4日(火)15:30~17:00(荻窪センター)
9月9日(土)10:30~12:00(大宮センター)
 

■白内障について

 加齢現象のひとつである白内障は、早ければ40代からはじまるとも言われています。専門医の先生が、白内障についての正しい知識と予防法、また大切な目を守るために日常生活で取り入れられる目のケアや、目の健康に関するお話しもいたします。

9月5日(火)13:00~14:30(八王子センター)