[講座]7/8 第6弾 「夏の妖怪談議」

 時代を超えて人々に親しまれてきた妖怪は、日本人にとってどんな存在でしょうか。

江戸時代の庶民に人気だった娯楽絵本「黄表紙」に出てくる妖怪たちにスポットをあて、日本人が愛する「妖怪」たちについて語り合います。

 
 ◆ 講 師/妖怪研究家 多田 克己/小説家 京極 夏彦/武蔵大学教授 アダム・カバット
 
 ◆ 日 時/7月8日(土) 14:00~16:00
 
 ◆ 会 場/Nagatacho GRID(東京・永田町)
 
 ◆ 受講料/2,916円 一般3,240円 (全席自由)
 
お申し込みはこちらから(申し込みフォーム)
《お問い合せ》事業担当(03-3642-4301)